バイアグラ100mgを購入する方法|安全最優先の個人輸入ガイド

バイアグラ100mgは海外でしか入手できない

 

日本では50mgまでしか認可されていない

バイアグラは日本では25mg、50mgまでが認可されていて、国内でも医師の処方によって入手できるものなのですが、海外にはバイアグラ100mgという容量のものもあります。

日本では認可されていないので、国内で購入することはできませんが、海外輸入、iHerbのような海外からサプリメントを購入できる精力剤専門ショップのような所から購入するという方法で、国内でもバイアグラ100mgを入手できる場合があります。

iHerbではバイアグラは購入できませんが、それに似たようなサービスで、バイアグラを海外から購入することは可能です。

日本では最初は25mg、このバイアグラ25mgを飲んでも効果があまりなかった場合は、50mgを処方されることになります。

最初からバイアグラ50mgを処方してしまうと、血圧の変化、体調の悪化など、どんな変化が起きるか予測がつかずに危険でです。そのため、安全に摂取できるように医師のアドバイスを受けてバイアグラを飲むことになります。

日本で認可されているバイアグラ50mgを飲むとほとんどの人が勃起不全が解消します。しかし、薬の効果が出ている時にしか勃起できないので、根本的な解決になるわけではなく、飲んだときだけの一時的な改善にしかなりません。

1度バイアグラを飲んだら24時間は間隔を開けて飲まないといけないため、毎日ひたすら飲んで勃起させるわけにもいきません。

バイアグラ100mgはタイで入手するのがおすすめ

バイアグラ100mgが販売されている国として、アメリカでも、シンガポールでも、タイでも入手できます。精力剤や栄養剤に関して最も発展していて、比較的安全性も期待できるのがタイです。

タイのバンコクは、ツアーなどでかなり安い価格で旅行に行けるものであり、物価も日本より低くて、風俗関係のサービスも日本に比べると安価です。バイアグラを現地で飲んで効果を試したいという場合にも、利用すると良いでしょう。

バイアグラ100mgを購入する時には、タイの現地の旅行ガイドや、現地の薬局のスタッフに聞いたり、タクシードライバーに聞くことなどによって、本物を購入できるはずです。バイアグラはその発音でも一応は通じるため、購入できる医師や薬局も教えてもらえるかもしれません。

バイアグラ100mgは、正規品だけでなく、ジェネリックのものを選んでもよいでしょう。タイの薬局ではバイアグラのジェネリックを処方箋なしに購入できるため、現地の医師の診断を受けるのが面倒な場合にはジェネリックを選ぶのもありです。

ただし、このバイアグラのジェネリックを選ぶ場合にも、偽物である可能性をなくすために知っている人に聞かないといけないという事情があります。

そのため、ゲストハウスに長く住んでいる日本人や、バックパッカーなどを見かけたら旅行者として、雑談などから正規品のバイアグラが売っている場所を聞くと良いでしょう。

時にはバーや夜間でも開いているマッサージ店で聞くことで、より詳しいことを教えてもらえるかもしれません。現地で実際に聞いてまわることで比較的に情報は良く手に入ります。

ジェネリックも正規品も通販は避けて

バイアグラは世界中でその名前が知られている上に、勃起不全という男性としては大きくて隠したい悩みを解消したいがために飲むものです。そのため、残念ながらそれにつけこみ、偽物を買わせようとする人々もいます。

バイアグラを通販で入手した場合、そのうちの4割は偽物のバイアグラで、効果もなく、時には健康被害が出るようなものが入っているので、正規品を飲む必要があります。

10回バラバラのお店で買ったら、4回は偽物を本物と同じ高い価格で買わされていることになるため、たとえ信用できそうな通販であっても、気軽にバイアグラを通販で購入するのはおすすめできません。

どうしても通販でバイアグラを購入したい場合には、一度は必ず足を運んで、信用できることを確かめた薬局、処方箋薬局、医師から購入するようにしましょう。

タイの現地に知人や友人がいる場合には、その人に買ってもらって海外郵便などで送ってもらうと良いでしょう。

海外で購入して日本に送ってもらうことは可能ですが、一度も会ったことのない人からバイアグラを購入するのは避けたほうが良いです。

バイアグラの偽物に猛毒が入っていることはないのですが、本物のバイアグラと同じ価格で全く効果がない小麦粉を飲まされては、たまったものではありません。

十分気をつけて、偽物を掴まされないようにバイアグラを入手しましょう。

ジェネリックバイアグラ「シデグラ:SIDEGRA」ならタイでも薬局で買える

 

SIDEGRAは50mgと100mgの2種類

バイアグラのジェネリックとして有名で、医師の処方箋がなくても薬局で購入できるシデグラSIDEGRAはとても人気があります。

残念ながら、このSIDEGRAにも偽物はあるようですが、タイ現地で薬局で購入する場合は、偽物を掴まされることはまずありません

ただし、最初に購入する時は現地の旅行ガイドと一緒に買いに行ったほうが安心です。または、旅行中の同行者がいる場合には、男女関係なく現地の人と一緒に買いに行くと騙されたり、舐められたりせず、正規のジェネリックを購入できるはずです。

このSIDEGRAも結局はバイアグラと似たような効果を持つものなので、摂取量と摂取する間隔はバイアグラ正規品と同じようにすると安全です。

バイアグラのジェネリックSIDEGRAには50mgと100mgのものが2種類あり、バイアグラの副作用が心配な方は最初は50mgのSIDEGRAを飲むようにすると良いです。

いきなりSIDEGRA100mgを摂取して頭痛や目眩などを起こてしまうと、セックスどころではなくなってしまうため、無理はせずまずは50mgから試すようにしましょう。

50mgを試してから、問題がないような場合は、それを購入したお店で100mgを入手してもう一度試してみて、更に問題がない場合には、タイの現地でまとめ買いしておくと良いでしょう。

この時に日本からもSIDEGRAを購入して、発送してくれるか確認をとっておき、電話番号や連絡先なども共有することが理想的かもしれません。

SIDEGRAは1錠100円未満で入手できる

SIDEGRAは4錠1セットで販売されることが多く、1錠あたりの価格はおおよそ100円で済みます。

正規品のバイアグラは価格が1錠1500円ほどするのですが、ジェネリックのSIDEGRAは1錠100円程度で入手できるため、まとめ買いをしても正規品のバイアグラより安く使えるかもしれません。

バイアグラを継続して飲むのが大変だと思われるのであれば、安くて効果も同じジェネリックを選んでも良いでしょう。まず最初は、現地で飲んで試してみるのが理想的です。

もし、いきなり大量に買って日本に持ち帰っても体に合わないときは全て無駄になってしまいます。

お金もSIDEGRAの錠剤も無駄にしないで済むように賢くバイアグラのジェネリックを入手しましょう。

ただし、現地でSIDEGRAを購入する時に、あまりにも安く割引されているものや、極端に安すぎるものは購入しないほうが良いです。

2箱、3箱購入して少し値引きしてもらえる場合には心配ないですが、1錠10円レベルに安いようなものは既に期限が切れていたり、そもそも偽物だったり、SIDEGRAですらない可能性もあります。

バイアグラと同等の効果が期待できる薬が、それほど安く入手できることはないので、体に入れるものということをふまえ、慎重に選んだ上で購入してください。

安すぎるものはSIDEGRA以外の精力剤でも注意する必要があります。

SIDEGRAは処方箋なしで購入できる

バイアグラのジェネリックSIDEGRAは処方箋がなくてもドラッグストア、薬局で購入できると言われています。SIDEGRAの錠剤はひし形で、50mgはエメラルドグリーンの箱、100mgはオレンジ色の箱に入っています。

正規品でない場合は、色が異なっていたり、錠剤の形や色が正規品と異なっているので、事前に正規品がどんな外観なのかチェックしておきましょう。

処方箋無しで購入できるものでも、1日に1錠、24時間間隔を開けないと摂取できないもの、という認識は持っておきましょう。過剰摂取で血圧が著しく下がって命の危険が生じる可能性もあります。

処方箋なしで購入できてしまうものですが、飲み方は十分に注意してください。

安全に個人輸入する方法

まずは現地に足を運び正規品を見つけること

バイアグラ100mgに変わるジェネリックSIDEGRAやバイアグラ100mgを個人で輸入するには、購入ルートを見つける必要があります。

何のルートもなしに、目視で確認もせず、人との接触もなくバイアグラ100mgを入手する事は不可能に近いもので、危険もあります。

まずは購入するつもりの国の現地に行って、安全に購入できて、量も一定量確保できて、日本に発送してくれるところをしっかりと見つけましょう。

タイでなくても信用できる人がいるような時は、韓国でもフィリピンでも問題はありません。現地で正規品を見つけて日本に輸出できる、または、日本から注文しても海外に発送してくれると分かるときは、安心です。

現地のお店や海外通販してくれるルートを見つけること

現地のお店を信用できるのか、という事を確かめるには、直接訪れて、直接あなたの目で確認するしかありません。

偽物ではなく正規品を扱っていることの確認、安全に日本に発送してくれることの確認、到着までのおよその目安や集荷梱包の品質などもチェックが必要です。

海外発送するのは現地の人にとっては面倒に感じることも多いため、できるだけ、しっかりとガイドや現地の関係者、協力者を立てて、契約を結ぶ感覚で話を進めたほうが良いです。

海外通販にも対応してくれるルートを見つけて、しっかりと対処することで、個人輸入も決して不可能ではありません

日本から購入して到着を待つだけ

お店や薬局を見つけられたら、あとはネット注文や電話での注文にしっかりと応じてくれて、日本まで発送してくれるかについて確かめるだけです。

現地に住んでいる協力者がいるようなときは、商品が届かなくてもしっかりと確認され、商品発送の催促や支払い状況の確認ができます。しかしタイの現地では、それほどしっかりとビジネスをする価値観がない所も多いため、サポートしてくれる人は現地に1人でもいてくれたほうが安心です。

できるだけ現地の言葉が分かる人で、現地での信頼もあるような人に頼ったほうが無難です。日本からBanggoodやiHerbのような感覚で購入できるようになることで、バイアグラ100mgやジェネリック購入はもっと簡単になります。

いきなりバイアグラ100mgを試すのは避けて

 

最初は医師に相談して25mgから試すこと

バイアグラ100mgはその作用も日本で購入できるバイアグラ25mgなどに比べるとかなり大きくなります。

勃起力もしっかりと上がり、勃起不全の解消も可能ですが、副作用として知られる頭痛や鼻炎、めまいなども強く出るようになってしまいます。

バイアグラ100mgを飲むのは違法ではないですが、いきなり容量の大きい100mgを飲むのは健康と副作用の観点から、良いことではありません。

まずは国内でしっかりと専門医の診断を受けて、せめてバイアグラ25mgを飲んで身体に異常が出ないことを確かめてからバイアグラ100mgを飲むようにしましょう。

バイアグラ50mgを飲んでも影響ないときはOK

バイアグラ25mgを飲んだあとは、できる限りバイアグラ50mgを飲んで経過観察しましょう。

じれったいと思う人もいるかも知れませんが、いきなりバイアグラ100mgを飲んで強い副作用として頭痛、めまい、鼻炎が5時間も10時間も続くようだと、セックスどころではなく、オナニーすらできません。

ただただ苦しいだけになってしまるため、どんな症状が出るのか、容量は体に負担をかけないかをチェックするようにして、バイアグラ25mg、バイアグラ50mg、バイアグラ100mgと少しずつ上げていくようにしましょう。

バイアグラ100mgも現地で1錠飲んで試してみて

バイアグラ100mgを購入して、個人輸入する場合も必ずあなた自身で飲んで試し、本物かどうか、副作用はどの程度あるか確かめましょう。

パートナーがいる場合は協力してもらい、いない場合には現地の風俗店などを頼ってチャレンジしてみてください。

現地タイの風俗では、日本の風俗のように90分、120分コースというものよりも、一定の金額で一晩、朝までホテルで致すというスタイルの宿もあります。

バイアグラ100mgを飲んで、どれほどエネルギッシュにできるか、何回射精できるかも、その一晩をかけて試してみると良いでしょう。

ホテルも風俗嬢を受け入れてくれないところがあるため、事前に宿泊する場所を考えておくと安心です。

バイアグラ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング