【優良精力剤/ペニス増大サプリの判別方法】成分表記を解析する

何と言っても現代社会には数限りなくの、「精力剤」「ペニス増大サプリ」がありますが、だからといって注目を集めているサプリ=良質サプリとはいえないのが実情です。

見事なPR宣伝やキャッチコピーとはうらはらに、勃起とは無関係の成分や、体積をごまかすための添加物を過度に含有した不良品も目に留まります。

精力/増大サプリはそれほど安価なものとは違います。貴重な自分への投資を無益にしないため、商品を見定める目を成長させたいですよね。

そういう訳でこの記事では、低レベルな精力/増大サプリの見抜き方と、優良な精力/増大サプリのセレクト方法をお伝えしてまいります。

あなたがこの記事をラストまで読めば、劣悪品を思い違いして買い入れる危険性はそうそうは無くせますので、終わりまでお付き合いください。

商用レターに引っ掛からない

精力剤/ペニス増大サプリの宣伝や販売ページには、守らなければいけない国の法律が存在します。

サプリメントは医薬品ではないので効果効能を明言するわけにはいきません。その為、ダイレクトなフレーズでは無く、間接的に男性器増大のPRをすることに他なりません。

大勢のペニス増大サプリは、海綿体の血流を増殖させるためのアルギニンとシトルリンを主成分と位置付けており、自然とその配合量を訴えかける訳です。

その一方、男性ホルモンへのアプローチも必須ですから、マカやトンカットアリなどアルギニン・シトルリンを除いた原材料も必要不可欠です。

ここまでの理由から、多数の精力剤ペニス増大サプリはアピールやセールスレターに、成分の種類の多様性や配合量、カプセルの容積などをセルフブランド商品の強みとして表現しています。しかしながら、以下のようなセールスコピーには気をつける必要があります。

100種類以上の成分を含有!
・有効成分を100倍濃縮し、1000mg相当を配合!
・500mgの大容量カプセル

では、一連の売り文句のどこに問題があるのでしょうか?

以下で一つずつ詳細にご説明していきます。

「100種類以上の成分を配合」に警戒!

注意警戒

とある話題の増大サプリのパッケージを例に挙げてみると、「旧来の原料は変えずに、以前にも増して100種類を上回る大量の成分をプラスα配合!」とあります。

その上、主成分であるL-シトルリンは「既存の2倍」と掲示されています。このサプリの材料名を数えてみましたら、120種類近い成分名の記載が発見出来ました。

主成分は旧タイプのダブルだし、1つのサプリで100種類超の成分が含まれていると言えるものは、極めてお買い得のような気持ちになりますが…。

この増大サプリは350mgのカプセル(内容量は273mg)が1箱に30カプセル入りだということですので、1日の摂取規準量は1カプセルになります。

という意味は、1カプセル273mgの中に100種類以上の原材料が組み込まれている状態になり、例えばすべての成分を均等にミックスしたとしても、1カプセルに入れられる1種類当たりの配合量は2.73mgだけに過ぎません。

現実的には、このサプリメントはL-シトルリンが主成分であり、尚且つ「従来版の2倍量を配合されている」とありますので、L-シトルリンはそれ以外の成分を上回って配合されているのだと思われます。

多数のペニス増大サプリで、L-シトルリンの1日で飲む量は数百mgとなっているので、このサプリのL-シトルリン含有量が100mgになると、残りは173mgとなり、1成分当たりはたった2mg以下になると考えられます。

このサプリは、L-シトルリンに加えてL-アルギニンやL-オルニチンといった単一成分と、マカやトンカットアリなどのエキス末を混合してるみたいです。

ビタミンやミネラルなどの単一成分なら数ミリグラムで効果のほどを出す物も存在しますが、植物などから取り出されたエキスには有効原料を除いた成分が多く混入されています。こういった類のエキスを2mg程度飲んだとしても、効果など期待できるはずがありません。

含有成分は種類の豊富さでは無く、1日にどれだけ取り込めるかを思案することが必要であり、いくら成分自体が素晴らしいものだとしても摂取量が申し訳程度では何の意味もなく、すべて無駄になってしまうのです。

各種成分の配合量が公になっていないペニス増大サプリならば、最高でも配合成分の種類は30~40種類ほどにとどめておいたほうが良いでしょう。

「有効成分を100倍濃縮」に注意!

リスク2

次も評判の高いあのペニス増大サプリの販売文章から引用してみましょう。

「効果を最優先にした配合量は100倍濃縮製法によって実現」とあり、配合量はL-シトルリン3000mg(相当)、L-アルギニン300mg(相当)です。

ところが、これはネット上のオフィシャルWEBサイトでの広告文で、商品パッケージに配合量の記載はありません。

このサプリメントは1カプセル467mgで1箱90カプセル入りですので、1日の摂取量を3カプセルとすれば合計で約1400mgと思われます。

言うまでもなく、L-シトルリンを3000mg配合することは不可能です。

L-シトルリンは100倍濃縮が施されているからには、実際には1400mg中にほんの微量30mgしか詰まっていないことを指します。

現在、日本全国で市場に出回っているL-シトルリンの原材料は発酵法で形作られたものが多く、続いて合成法であり、他の製造法はそれほど目にすることがありません。

発酵法で開発された商品も合成法による製品も、原料の問屋が製品化添付する規格書には「純度98.5%以上」と記載があります。

この一般市場で売られている原材料を利用する限り、濃縮を行う必要がないどころか、濃縮自体することができないといえるでしょう。

粗悪品見極め

もし、純度100%のL-シトルリンを100倍に濃縮実行できるとするならば、L-シトルリンの結晶を超高圧で100分の1の質量に押し固めることが必要です。

これでしたら濃縮ではなく圧縮ということを意味しますが、そんなことが可能かどうか不明ですし、そもそもカプセルの内容は粉末なのでできないでしょう。

このペニス増大サプリは、これ以外に「ニンニク1日の摂取量1500mgを配合」とされてますが、1日の摂取量約1400mgに対し「1500mg配合」は不可能です。

1日4カプセル以上を前提とするなら理解できなくもありませんが…。

「100倍濃縮」は疑問を持つ必要があり、更に、「所定の成分が1日分の総キャパシティーを上回る配合量になっていないかどうか?」チェックすることが重要です。

 

「500mgの大容量カプセル」に注意!

大容量カプセル

アメリカのサプリメントには大型のカプセルやタブレットが見受けられますが、邦人向けに開発された日本のサプリメントは大部分が長さ1.9cm程の1号カプセル(内容量300~400mg程度のサイズ)です。

ところが、ペニス増大サプリの中には、それをもっと上回る大きなカプセルも一定以上あるのです。

特に、某人気ペニス増大サプリは1粒733.5mgと、極めてビッグサイズのカプセルをセールスポイントにしており、オフィシャルサイトには「とにかく大きい!0号サイズにびっしり濃縮」というセールスコピーがあります。

サプリメントに用いられるカプセルには、000号から5号迄のサイズ、クラスがあり、0号は000号、00号に続いて3番目に大きいカプセルです。

0号カプセルの長さは2.2cm以上あり、内容は800mg前後まで充填することが可能となります。ですが、大きいだけのことはあって実に飲みにくく、お年寄りにはどうしても推奨できない剤形です。

ストップ1

同様に、この様に大きなカプセルはカプセルそのものの重量が重いので、パッケージ辺りの内容量はプラスしにくく、この人気サプリメントも1箱60カプセル入りで内容量は44gと、他のサプリと箱単位の内容量に決定的な差はないです。

むしろ、カプセルが大きくて飲みにくいだけ、製品のレビューは下落することに他なりません。

 

優れたサプリメントとハズレのサプリメント

優良サプリと粗悪サプリ

サプリメントとは、「採用されている栄養素や機能性成分が体の生理機能にそれ相当の影響力を持つことを目的とした食品」と言い換えることが可能ですが、

「客観的根拠によって効果効能が証明されているもの」医薬品あるいは医薬部外品であり、従って効果効能をうたえるのは医薬品のみです。

食べ物においても、ビタミンやミネラルなどの栄養補助食品やヘルスフード、機能面表示食品など、ひとつに機能性を掲示可能である食品は存在しますが、通称精力サプリやペニス増大サプリは一般的な加工食品に分類され、「何かしらに効き目がある」とする内容を製品パッケージや公式セールスコピーに記載することは不可能です。

このことを念頭に置いて考えると、期待して良いサプリメントとは、以下

・安全性と仕上がり具合が保証されている

品質

加工食品とされるサプリメントの安全や品質を保証するには、原料の品質管理や製造上の保健衛生状態、商品の収納などを丁寧にコントロールすることが不可欠です。

品質を保障するには製造経路ではGMP、原材料の保安性についてはHACCPという管理規準があり、食品の安全や質を保証するバロメーターとなります。

・生理作用に期待を懸ける機能性成分がセーフティーにして適当量として盛り込まれている

精力系のサプリで言うと、L-シトルリン等の主要成分が人体の生理機能に影響しうるだけの量を内包していることが明示されており、かつ表示された量が過不足なく現品に含まれていることが必須です。

世の中に毒でない物質は無く、私たちにこそ手放せない水や酸素でさえ、度を越して口にすると毒となるのです。少しばかりで人体の生理機能に影響を与える成分であれば、その作用が強ければ強いほど、僅かな量で毒性を持つ結果となるため、毒性を発揮しない問題ない量で、加えて生理作用を期待できる量を適正に含有していることが大切です。

・不純物はなるべく排除去する

サプリメントでとりわけ軽視できない健康被害が発生する原因は、原材料や製造上で入り込む重メタルや化学物質による中毒になります。こういった類の有害物質は許容されている内包量の下限が定められていますが、上質なサプリメントは検査で検出されないレベルまで不純物が取り除かれています。

次の項では食品表示の角度から効果のあるサプリメントと粗悪なサプリメントを比較検討してみましょう。

サプリメントの原材料表示につきまして

サプリメントは加工食品なので、食品表示法に付随する原材料表示が取り決められています。

食品表示法とはJAS法、食品衛生法、健康増進法の食品表示関係の部分を統合した法律で、2015年に施行されたのです。

しかしながら、中小事業者が対処するには莫大な費用と専門知識が求められるため、2020年4月までの猶予期間が設定されています。

そのため、今のところ精力系のサプリメントは、旧JAS法のまま原材料を表示してある製品が多いです。この理由は、悪いサプリメントとしてはそのほうが好都合だからです。

旧JAS法では加工食品の原材料を、取り扱われている量の多い順に掲載するよう義務付けてますが、原材料と添加物とのクラス分けは明らかにされておりませんでした。

それを受けて、一般の購入者には何れが原材料でどれが添加物か判断がつかず、添加物だというのにまるで有効成分であるといった記載があったのです。

しかし、2020年4月以後については原材料と添加物は「スラッシュをはさむ、改行する、別欄にする」など明示的に区分けしなくてはならず、悪いサプリメントが減ることに繋がると予想されます。

参考までにサプリメントに含まれる典型的な添加物を書き記しておきたいと思います。

カプセル、錠剤に使用される添加剤

賦形剤

ひときわ多く活用される添加物で、分量や重量を拡大することを狙って用いられます。

炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、セルロース、デキストリン、ブドウ糖、果糖、マルチトール、ソルビトール、デンプン等が見受けられます。

結合剤、滑剤

結合剤は文字通り錠剤やカプセルの結合に、滑剤は原料粉末が製造機械に付着するのを防いで、錠剤の表につやを擦り込むために利用されます。

結合剤アラビアガム、アルギン酸、セルロース、デキストリン、ゼラチン、グアーガム、マルトースなど、滑剤炭酸マグネシウム、二酸化ケイ素等が挙げられます。

コーティング剤

錠剤の酸化防止と飲みやすくするのに活用されます。
ワックス、シェラック、ミツロウ等が存在しています。

これ以外にカプセルの原料としてはゼラチンがありますが、ビッグサイズのカプセルを取り入れている評判の増大サプリの中に、原材料提示の二番目にゼラチンの表記がある商品も存在します。

秀逸サプリメントの表記はこのポイントを確認する!

ここまでは低レベルなサプリを判別することに必要な方法を重点的にご説明して来ましたが、一番最後に優良サプリメントを選ぶテクニックをご紹介いたします。

有効成分の最大値は30~40種類が目印

明らかに効きそうな名前の原材料をずらずらと100種目以上書き陳列してみたところで、現実に含有されている量が申し訳程度では勃起力アップやペニスの増大は見込めません。

1日の使用量に限りがある中におきまして、適正量を配合するには、成分の種類は最大でも30~40種類前後がベストです。

100種類、200種類と配合成分の必要以上に多いサプリメントは止めた方が賢明です。

配合されている有効成分をよく見る

ペニス増大サプリは大半がL-シトルリンとL-アルギニンを主成分としていると言えます。

L-アルギニンは男性器の海綿体にある血管を拡張して血液を流入させ、勃起を促進させます。L-シトルリンは、取り入れるとその大部分がL-アルギニンにチェンジされるのです。

この2種類のアミノ酸は勃起の両輪みたいなもので、ペニス増大サプリには外せない主人公です。

されど、例え血管が拡張しても脳が性欲を感じないことには勃起のスイッチが入らず、価値のあるシトルリン・アルギニンも無意味になりかねません。

それを回避するために、性欲のスイッチをプッシュことを狙った成分の配合が、良質なサプリには要求されるのです。

ベガリア成分凝縮見解

典型的なスイッチ成分トンカットアリとマカとなります。

トンカットアリ男性ホルモンのテストステロンを増加させ、活性を強める影響が発表されており、マカ男性ホルモンに影響を与えず、男性の性欲を高めるとされています。

この2種類の成分もペニス増大サプリにはなくてはならない成分です。

他に、精子の形成に必要不可欠なL-オルニチンや、精子の活動量を確かなものにするセックスミネラルの亜鉛、古くから強壮剤として食されてきたアカガウクルア高麗ニンジンなどもハイクオリティサプリを象徴する成分といえるでしょう。

くどいようですが、含有されている成分の種類が多過ぎると良質成分の配合量が半減してしまいますので、気を付けましょう。

 

⇒これらをベースにした注目の【精力/増大サプリ】徹底検証はこちら!

 

参考知識「ペニス増大の仕組み」解説

ペニス増大メカニズム

「ペニスを大きくしたい」という願望は、かなりの男性にとって共通の課題ではあるのですが、陰茎が一回り大きくなるかどうかの最初のポイントは胎児の頃までさかのぼります。

なにより、母親の胎内で生まれた命が男性になるか女性に変わるのかは、卵子と受精した精子のもつ遺伝子のまぜ合わせ次第で確定されます。

男性に特有のY染色体を所有する受精卵は、受胎7~8週目ごろからペニスの形成が生じ、11~12週目にはペニスの原型が構成されています。

しばらくして、妊娠20週目を経過して行くころに到達すると、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌が促進され、胎児は豊富な「アンドロゲン・シャワー」を受けます。アンドロゲン・シャワーによって、性欲の根源となる「男脳」が創設され、初めてのペニスの成長期がやって来ます。

次なるペニスの成長期は「第二次性徴」が発生する思春期です。

12歳ごろから精巣を収める睾丸と陰嚢(概して言えば金玉)が大きくなり、男性ホルモンの分泌量が急な勢いで増大します。

されど、ペニスが大きく生育するのはこの時点より少し先の思春期を以後で、10代後半から20代前半までに出来上がるとのことです。

ペニスの成長や女性のバストの育成など、子供の時代から成人に成長するまでの性的な成長タイミングを「タナー段階」と呼びますが、一般的にタナー段階が完結するときがペニスの成長の終わりとされます。

ほとんどの場合、ペニスの成長は20代初期でストップするという事を指します。

しかし、男性の陰茎は女性の乳ぶさとは違い、通常ズボンのなかに収まっている場合と、いざ行使する時とではボリュームも形も全然別物で、いつもの見た目よりも勃起した状態のサイズが肝心です。

勃起した時のペニスの大きさと硬さは陰茎の海綿体に集中する血液の量で決定されるのですが、日本泌尿器科学会の調査では「いつものサイズに比べて勃起したときの増大率が大規模なペニスほど硬い」とされています。

それとは反対に、通常の環境下で長いペニスは勃起してもさほど大きくならず、硬さもパッとしないようです。

ペニス増大サプリは、バイアグラやシアリスといわれるようなED治療薬と同様で、ペニス海綿体の血管を拡張させ、流入する血液の量をアップして勃起を活発化させるのが主目的です。

ですが、元来脳が性欲を感じとってなければ勃起はしません。性欲に関与しているのは男性ホルモンによる作用ですから、いくらバイアグラといえども、男性ホルモンが働かないうちは効果をあ発揮することが不可能です。

ペニスを増大することを願うなら、

1.健全なエロ心を保つことを狙った男性ホルモンを維持すること
2.より大きく発達できるようペニス海綿体の血管を健康かつフレキシブルに保つこと
3.勃起の際には、より多くの血流を呼び込めるようにマキシマムに血管を拡張すること

の3つの条件が必要不可欠ですが、バイアグラなどのED治療薬には3番目の効能効果しかなく、1番目と2番目におきましては生活スタイルや食事が重要な役目を果たしています。

この他には、毎日男性器に硬い勃起を起こしてやり、ちょびっとずつ血管の拡張率を供給してあげることで、より大きく、硬い勃起が実現できるのです。

この機会に得た知識をベースに、低質品でない、中身のギッシリと詰まった優良ペニス増大サプリを巧みに活用して、硬く大きなペニスを目指すべきでしょう。

精力剤で自信復活

終わりに

 

原材料表記欄では含有されている成分と添加剤がしっかりと区分けされており、加えて添加物の類が多くないサプリメントをセレクトしましょう。

増大サプリに絶対不可欠なL-アルギニンは、実は添加物に定められています。

しかし、製造上の都合で補填できる添加物ではなく、栄養成分の強化を意図する栄養強化剤であり、食品の栄養機能を確固たるものにするための添加物になります。

ですから、L-アルギニンスラッシュ/で区切られた添加物欄の上位に掲載されていることが、優良サプリメントの証と言えるわけです。

いかがでしたでしょうか?

悪いサプリメントの見抜き方と優秀なサプリメントの選定方法について目印となれば嬉しく思います。

この記事で解説してきた方法を用いることで、人気精力/増大サプリの成分表記を念入りに分析、最新調査結果を以下別記事に整理しましたので、こちらもセットでご覧くださいませ。

 

⇒注目の【精力/増大サプリ】成分表記の徹底解析記事はこちら!

優良サプリと粗悪サプリ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング