【2020バージョン】ペニス増大サプリ精力剤 効果比較ランキング

目次

【人気の精力剤/ペニス増大サプリ】効果分析ランキング2020

『これまでに一瞬のうちに中折れして、すんなりとイケない・・・
『大きさ的にも頻度的にも、恋人を満たせないのではないかと不安感・・・

それと同等の悩みを持った人、相当数いらっしゃるのではないかと考えます。

知っていてほしいのは、その際に切り札となるのが、「精力剤・ペニス増大サプリ」です。
そうは言っても、精力剤の類は大量にあり、経験したことのない人には本当のところは何が効果があるのか不明ですよね。

それを避けるためにここでは、サイト運営者がたくさんの精力剤のパッケージ表記を詳細に分析、実際に検証してみて、効果が高かった物を3つに絞り、ランキング方式にしてみました。

どれを選択しても、成分、効能、安全性に信頼できる製品のみです。
正真正銘効果のある精力増強サプリメントで、あなたのペニスの自信を取り戻しましょう!

精力剤で自尊心復活

 

本当に高水準の精力剤選びのキーポイント3つ

今話題の「2020年版おススメ人気精力剤ランキング」を取り上げる前に、このサイトのランキングの決め手となった、「嘘偽りなく効果のある精力剤選びの注視すべき点」についてご説明しようと思います。

ポイント1|効果的な成分がバッチリ含有されている

活力増強成分印象

精力剤選択でポイントであるのは、含有されている成分です。表示価格や印象でチョイスするのはNG。
効果的原材料が主原料として配合されているのかが大事です。

とりわけ「シトルリン、アルギニン、マカ、亜鉛、トンカットアリ」等の様な成分は、精力剤に配合されている成分としてハイレベルな効果が望め、や血流改善、精子の生産、男性ホルモンの分泌拡大等に作用を示します。

ポイント2|国産で安全が確保されている

国産日本製

サプリメントは口にするものなので、安全が確保されていることも重要な点です。
なるべく外国製品を止め、日本国内製造の品を選択したいところです。

海外製の精力剤は、含有成分の原産地が不明だったり、医薬品成分が盛り込まれていたりして、副作用の危険性が高いのが大きなウィークポイント。

日本以外の製品は値段も安価で、効果が大きそうな印象があるかも知れませんが、いまいち効果的な顧客データがありません。

「GMP」という、工場を無事に継続するための「製造工程管理基準」がありますが、この度のランキングで厳選した精力剤は、どれもこれもGMP認定の工場で製品化された安心な精力剤のみです。

ポイント3|コストパフォーマンス(対費用効果)が申し分ない

コストと効果のバランス

精力剤の表示価格はピンからキリまで。
高価な物になれば1箱2万円越えするのが見受けられますが、売り値に見合った効き目がない低水準な製品も驚くほどたくさん存在しています。

即効性が期待できる裏腹に、副作用の強烈である「医薬品指定の勃起薬」と違い、精力強壮剤は、3ヶ月、6ケ月と、常日頃から摂取し続けてこそ、体(ペニス)の芯から回復する効果が出てくるものなので、継続しやすい価格、コストと成果のバランスの良いものであることが必須条件です。

 

当サイトの独自調査の結果、無数にある商品を勝ち抜き、ランキングのトップ3入りした商品は、論拠がちゃんと備わっていて、それをこの後解説して行きます。

また当然コストパフォーマンスも良い販売商品のみに絞っています。

(また、定期購入縛りがある商品は、購入者に冷たいという理由から順位から外しました)

 

【調査精選!】実力ある性力剤・ペニス増大サプリベスト3

精力増大サプリbest3

このサイトでおススメする、実力派の精力剤は次の3商品です。

 

1位

2位

3位

商品名

ベガリア

ベガリア

 

ゼノシード

ゼノシード

 

ヴォルスタービヨンドブラスト

ヴォルスタービヨンド

 

精力&勃起力アップ度

 

ペニス増大パワー

 

速効性

× ×

売り値(最安値)

14,969円(税込)

12,830円(税込)

12,800円(税込)

内容量

(1日あたりの粒数)

120粒(4粒)

30粒(1粒)

120粒(4粒)

コスパ

◎+

注目ポイント

シトルリンを基本に、それを手助けする肝要成分約40種類を絶妙なバランスで配合!

不必要な配合成分は含有されていない、着色料や賦形剤など不要な添加物は全く見受けられない

「2018年上半期売上NO1」ヴォルスター・ビヨンドが大幅リニューアル!

公式ページ

ベガリア公式WEBサイト ゼノシード公式WEBサイト ヴォルスタービヨンドブラスト公式WEBサイト

 

ひとつひとつの特性を、順番にご紹介していくことにします。

 

一位

おすすめランキング1位|ベガリア

ベガリア

当サイトの各方面からのトータル分析の結果、2位のゼノシードを引き離し最優秀ポイントをゲットしたのが「ベガリア」です。

ベガリアの特性として、

 

「含有成分のバランス状態」「多すぎない成分数」「1日あたりの摂取目安量」が周到に考え抜かれている
・1箱につき397mgのカプセルが120個梱包されており、30日間で1箱を消費すると仮定するならば、1日当たり「4カプセル1,588mg」を摂り込む事が可能
・シトルリンを手助けする重要成分約40種類を絶妙なバランスで配合

というものがあります。

 

何よりも特徴的なのは、「国外の増大研究の結果を元に、厳選された成分を絞り込んで配合している」といった部分です。

ただ何となく「効能効果がありと思われる成分を採用しておく」のではなく、間違いなく有効に効果を発揮するように考慮されているのです。

 

ベガリアには、約40種類の選りすぐりの成分が含有されています。

こういったものが、相乗的に関連し、より効果を増すというわけです。

ペニス勃起力

ペニス増大や精力増強に効き目がある主な成分と、その働きは以下の通りです。

成 分

主な働き

シトルリン

血管拡張、血流改善

アルギニン

成長ホルモン・男性ホルモンの分泌促進

オルニチン

シトルリン・アルギニンの働きをサポート

ビタミン類

抗酸化作用

アカガウクルア

勃起力アップ、ED改善の期待

トンカットアリ

性欲アップ、精子量を増やす

マカ

滋養強壮

亜鉛

精子、精液の原料

ペニス増大/硬さ&勃起力アップに効き目がある成分

シトルリン、アルギニン、オルニチン、ビタミン類

男性器の硬さアップ&増大させるには、ペニスの海綿体に血液が十分流れるようにすることが重要だと言えます。

海綿体に血液が十分であることで、太さや弾けそうな感じが生じます。
血流量が豊富であれば、ペニスもカッチカチに硬くなるワケです。

 

シトルリンやアルギニンは、ペニスへの血液循環促進に必要不可欠な成分です。
他にも、オルニチンはこれら2成分の作用をバックアップする働きをしてくれます。

「シトルリン・アルギニン・オルニチン」この3成分の親密な相互作用により、増大効果が見られるのです。

増大ペニス

 

精力増強に役立つ成分

アカガウクルア、トンカットアリ、マカ、亜鉛

アカガウクルア、トンカットアリ、マカは希少性が高く、割と高価な精力剤によく採用されている成分です。

例えば、アカガウクルアは「天然のバイアグラ」と呼ばれ、タイでは古来より勃起薬として使用されているハーブです。

また、マカは必須アミノ酸など栄養分が極めて多くて、疲労回復、精力増強に、
さらに、現代の人々が日常的に不足することが多い亜鉛は、精力倍加に貢献するわけです。

亜鉛は、精力増強はもとより「男性不妊・気力安定・免疫性アップ」など、効果が多岐にわたるので、率先して摂取したいミネラルです。

ベガリアには主成分シトルリンとバックアップ役の多種成分が素晴らしいバランスで混ざっています。

「守護神シトルリンと、これを手助けする武神たち」といったところでしょうか。

やはりベガリアの仕上がり度は飛び抜けているといわざるを得ません。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

 

二位

おすすめランキング2位|ゼノシード

ゼノシード

ゼノシードは、20代~60代まで広範囲に及ぶ層に高い評価を得ている、人気の増大サプリメントです。

ゼノシードは、男性器が小さい、精力減退を気にしている、勃起しづらくなった、といった悩みの解消に有用に違いありませんが、その秘密は原料にあるのです。

ここからはゼノシードに配合されている成分に関して、詳細に解説します。

 

ゼノシードに含有されている成分は、以下の様な効果を期待する事が出来ます。

成 分

主な働き

L-シトルリン

血管拡張、血流促進

L-アルギニン

成長ホルモン、男性ホルモンの分泌

トンカットアリ

滋養強壮、性欲向上

マカ

精力増強

すっぽん

滋養強壮、精力増強

亜鉛

精子の形成

アカガウクルア

疲労回復、勃起力アップ

ムクナ

男性ホルモンの活性化

ガラナ

性欲アップ

ペニス増大に効果的な成分

シトルリン、アルギニン

シトルリン、アルギニン

シトルリンとアルギニンは、「血液循環促進」「成長ホルモンの分泌促進」に貢献し、ペニス増大になくてはならない成分です。

血行促進

「シトルリン」と「アルギニン」には、血管を広げ、血行を促す作用が見られます。
勃起は、海綿体が血液に事足りることで生じますが、この2成分により血液が思う存分流れ込むと、陰茎がパンパンに膨らみ、ペニス増大効果や勃起力アップが期待できるというわけです。

成長ホルモンの分泌促進

アルギニンには、「成長ホルモン」の分泌を促す作用があります。
成長ホルモンは体の成長に役立つので、身体の1つであるペニス増大のサポートも行ってくれるのです。

成人してから生成される成長ホルモンは、身長や骨格を除いた部分(筋肉や髪、その他の組織)が発育しやすくなると報告されており、ペニス増大効果も期待出来るのです。

しかしながら、ゼノシードはベガリアと比べてオルニチンが採用されていないので、「シトルリン・アルギニン・オルニチン」の相乗効果が期待できません。

また、カプセルの総量もベガリアの120粒と比較すると30粒と多くはないので、そういった点でもベガリアよりパワーが不足している状況であるといえます。

 

精力増強に効果的な成分

トンカットアリ、マカ、すっぽん

トンカットアリ

トンカットアリ、マカ、すっぽんは、精力剤ではよく使用される成分となります。

いずれも精力アップに実効性があると指摘されていますが、それは「栄養成分の多様性」に関連しているというわけです。

一例として、マカの場合、「必須アミノ酸」「ミネラル」「ビタミン類」「食物繊維」などといった栄養成分が、配分バランスを考えて混ざっています。

その手の栄養成分のシナジー効果によって、マカには「勃起力2倍アップ」「エネルギーアップ」「疲労回復」「ストレス軽減」などの効き目があると捉えられているのです。

 

勃起力向上に効果的な成分

アカガウクルア、ガラナ、ムクナ、亜鉛

ガラナ

アカガウクルア、ガラナ、ムクナ、亜鉛は、男性機能のUPに効果がある成分です。

具体的に言えば、アカガウクルアの場合、ED薬(バイアグラ)くらいの効力が期待できるとして、今注目されている成分です。

また、亜鉛、ムクナに関しては、男性ホルモンの活性化・分泌膨張作用が見受けられます。
男性ホルモンには男性機能を引き立てる作用があるので、「勃起が長続きしない」などの悩み事にもアプローチしてくれることになるのです。

特に「医薬品に至る迄は頼りたくない」「副作用の危険を懸念」とお考えの人には、おすすめの成分です。

 

⇒ゼノシードの詳細・購入はこちら

 

三位

おすすめランキング3位|ヴォルスタービヨンドブラスト

ヴォルスタービヨンド

ヴォルスタービヨンドブラストは、人気のペニス増大サプリ「ヴォルスタービヨンド」が、2019年の5月に大幅リニューアルした新商品です。

まず最大の注目ポイントとして、、

・L-シトルリンの配合量が、旧商品24,030mg⇒31,290mgへと、130%アップ
・L-アルギニンも、旧商品8,460mg⇒12,630mgと149%アップ
・カプセル総量 旧商品90粒⇒120粒に増量

この3つは旧商品との対比に当たってなくてはならないでしょう。

成分表記リサーチの結論としては、「シトルリン+アルギニン+山芋抽出物」が中心のように感じますが、他にも

動物系成分 19種⇒39種
植物系成分 27種⇒157種
ビタミンンミネラル系成分 15種⇒40種

へと、旧商品には存在していなかった成分も新規で170種超もプラスし、大幅に増量されました。

シトルリン+アルギニンのみならず、山芋に含まれるジオスゲニンを主成分としたジオパワー15が健在、黒コショウから抽出されるヒペリンの含有率を95%に高めたバイオペリンもブレンドされています。

しかしながら、旧商品に豊富に詰め込まれていた「トンカットアリエキス末(原材料として極めて高価)」「マカ」「オルニチン」など精力増大にはなくてはならない重要成分は、原材料表記を見る限り量が減少したのは確実で、その点がかなりのマイナスポイントとなり、トータルポイントでも3位に留まる結果になってしまいました。

(これについては後半部分でもう一度詳しく解説します)

 

配合成分解説

<主成分はL-シトルリン、L-アルギニン>

今回の切り札は大幅増量と成分各種の増量なのですが、主成分L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛の3種類で変わりはないです。

ですが、1日当たりの摂取目安量はL-シトルリン1,395mg→1,876mg、L-アルギニン282mg→421mgへと増量されています。(亜鉛は12mgで変化なし)

これ以外の含有成分として、旧商品にも入っていたジオパワー15、バイオペリンは変えずに、新しく仲間入りしたのがアミノシール、アストラジン、喜寿気麗という和漢生薬8種類です。

<精力絶倫の象徴・オットセイ由来のアミノシール>

アミノシールとは健康食品素材の商品名で、「オットセイから抽出された良質のタンパク質」が主成分です。オットセイと言ったら、数十頭から100頭ものメスに対して1頭のオスが支配権を持つ「ハーレム」の習性を保持することで注目を集めています。これを受け、かなり昔より精力剤として重用されてきたのです。

アミノシールの主成分であるオットセイから来るタンパク質の正体は「オットセイ骨格筋加水分解物」のカロペプタイドというアミノ酸とペプチドの混合物です。かつて慶應義塾大学医学部で研究され、「抹消血管を拡張し、血液の流入を亢進する」という発表がされているようですが、この研究は1967年のもので、その後カロペプタイドの専門誌は探し出せません。

なお、カロペプタイドは大和薬品の「オットピン爆精粒・液」に主成分として含有されています。

オットセイ

<シトルリン・アルギニンの吸収を高めるアストラジン>

AstraGin?(アストラジン)はニューヨークに本社を置く原料メーカー・メイプロインダストリーズの登録商標で、黄花黄耆(キバナオウギ)と田七人参(デンシチニンジン)という生薬を等量配合した製品です。

黄花黄耆はオウギの名前で認知される生薬で、フラボノイドやサポニンを主成分と位置付けています。オウギの効果効能は滋養強壮、免疫力のアップ、胃腸虚弱などで人参と並ぶ補気薬の最たる生薬ですが、効果効能をうたわなければ食料品として使用可能になります。

田七人参は別名を三七人参(サンシチニンジン)といい、オタネニンジン(高麗人参、朝鮮人参)と同じウコギ科の生薬です。ニンジンは以前から生薬の間でも上品として重宝され、滋養強壮だけに限らず万能薬として高い人気を誇っています。

 

⇒ヴォルスタービヨンドブラストの詳細・購入はこちら

 

ベガリア・ゼノシード・ヴォルスタービヨンドブラスト、勝敗を分けた理由

ベガリアゼノシードヴォルスタービョンド勝敗

ここまで「ベガリア」「ゼノシード」「ヴォルスタービヨンドブラスト」3商品の持ち味を取りあげてきたのですが、このデータのみでは、いまだに「どれが最も自分自身に効果的なのか今一つ決めかねる」とお考えの人も多いだろうと思います。

それを避けるために、以降、この3商品を「費用対効果」と、原材料分析からはじき出された「効果期待値」を、それぞれ細部にわたって比較&各ポイント算出最終的に勝敗を分けた理由まで根こそぎ解説いたします。

 

価格(コストと効果のバランス)で比べてみた

以下の表は、ベガリア、ゼノシード、ヴィトックスαの通常価格と内容量、1日辺りの費用の比較をまとめたものです。

 

ベガリア

ゼノシード

ヴォルスタービヨンドブラスト

通常価格

(1箱=1ヶ月分)

14,969円(税込)

12,830円(税込)

12,800円(税込)

内容量(1箱)

120粒

30粒

120粒

飲み方(1日)

4粒

1粒

4粒

1粒あたりの価格

124.7円

396円

106.6円

1日あたりのコスト

498.8円

396円

426.4円

表から判断すれば、「1粒辺りの価格」と「1日辺りのコスト」ではゼノシードがリードしているものの、内容量と1日の飲み方ではベガリアとヴォルスタービヨンドが1箱辺り120粒で互角

一言でいうとゼノシードの1日1粒に比べて、1日4粒のベガリアあるいはヴォルスタービヨンドは摂取できる有効成分が数多くなると言えます。

そうなると、「1日あたりのコスト」では無く、内容量が同じベガリアとヴォルスタービヨンドブラストの「1粒あたりの価格」で比較するのが、表示価格に対するコスパを算出するのには大切です。

これのみ見れば、

「あれ?ヴォルスタービヨンドブラストが一番お買い得に見えるけど、どうして3位なの??」

と感じませんか?

 

その通りなんです。あくまで「内容量」や「1粒あたりの価格」で比較をすれば、ヴォルスタービヨンドブラストが最もリーズナブルで1位です。

ですが、たとえ費用対効果ポイントで1位でも、実際に効果効能が見込めない商品だった場合、全く意味がないといえます。

この分析ランキングの基準は、コスパだけでなく「成分配合密度」分析による「効果期待値」より高ポイントに設定しています。

結果として、費用対効果ポイント1位を取ったヴォルスタービヨンドブラストは総合ポイントで大幅に順位を落とし、3位に転落することになった訳です。

続く項目では、その「成分配合密度」分析による「効果期待値」について、ご説明して行きます。

配合成分で比べてみた

当サイトのスタンスとして、(先述の通り)利益優先でコスト削減された、中身スカスカの商品は、いかなる理由があろうとも総合ランキングトップ3としてピックアップする訳には行きません。

そこで次は、一番の調査ポイントである、専門知識が必須の「成分表記分析⇒配合成分密度」の結果をご説明致します。

サイト管理人は、このランキンク記事を作るに際し、順位候補となる商品を全て購入し、各商品パッケージにある成分表記を調査しています。

※その「理解しやすい方法」や「見定めポイントの解説」はテーマが違うため、以下の別記事に取りまとめています。

⇒【粗末サプリを見定める方法】成分表記の分析法

 
中には、ヒドすぎる分析結果で、サイト掲載するなら叩くしか無いが、わざわざ叩くためだけに乗せる有益性もウチに無いので、淡々とスルーした商品もいっぱいあります。

商品比較を宣言していたにも関わらず、掲載商品が多くないという背景には、このような事情がある事も頭に入れてもらえると幸いです)

話を戻しますが、飲食品が一定のレベル以上であることや、特異な生産方法で造られていることを保証する「JAS法」の表記ルールでは、よりたくさん用いられている原材料から順に掲載することが法制化されています。

 

その事から、最高品質のサプリメントを選択する基準は、最初の方にペニス増大・精力増強に実効性がある成分が含有されていることが、最低前提条件です。
 

ただしサプリメントの場合、医薬品とは違って、全成分を公にすることは定められてなく、各メーカーに一任されています。

好都合な部分だけを公表しているものより、全成分を公にしている製品が、より信頼がおけますね。

 

では純粋に、ベガリア、ゼノシード、ヴォルスタービヨンドブラストのパッケージを比べてみることにします。

ベガリアの配合成分

ベガリア成分表記

ベガリアの掲載部分を解析すると、体内でアルギニンに変換されるL-シトルリンのに加えて、アカガウクルア、L-オルニチン、トンカットアリ、マカ、亜鉛を主成分とし、他にもニンニク、イチョウ葉、ムイラプアマ、カンカニクジュヨウなど、男性には馴染みのある成分から生薬にも採用される原料まで約40種類を多種多様に贅沢に配合しています。

内容がスカスカではない、間違いがないサプリメントであると、それなりの知識のある人間なら、瞬時に理解できる表記です。

 

ひと際高ポイントを獲得できた理由は、トンカットアリエキス末の表記位置です。オルニチンに次ぐ4番目という、非常に良い位置に記載されているのが分かります。

トンカットアリエキス末は、精力増強/ペニス増大にはなくてはならない重要成分ですが、原材料の売り値がとても高いため、儲け重視の製造者は配合成分から外すか、ほんのわずかごく微量入れるだけの事が多いのです。(※そのような場合、トンカットアリの表記位置は末尾に変化します)

成分表のラストの方には、セルロースやゼラチンなど、カプセルの材料となる成分もしっかり表記してあり、全成分を良心的に公にしていることもポイントが高いです。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

 

ゼノシードの配合成分

ゼノシード成分表記

ゼノシードも、シトルリンやトンカットアリなど、ペニスに効果的な成分が初めに記述されています。

ゼノシードの成分表記を見て、最も特有に感じるポイントは、

・無用な含有成分を全く含んでいない

・着色料や賦形剤など意味がない添加物は一切存在しない」

この2点です。

ゼノシードには、年を取れば取るほど衰えがちな男性ホルモンに活を入れてくれるトンカットアリ、マカ、アカガウクルアなどがバランスに配慮して配合されています。

 

またゼノシードは、成分種類が多くないだけに、配合量が分散せず集中して機能してくれることが期待できます。

それとは別に、ゼノシードはベガリアに含まれている「オルニチン」が盛り込まれておらず、粒数も30粒と限られるので、パワー的に弱い感は否めず、やはりベガリアとは総合ポイントで多く差を広げました。

_____________

なぜベガリアに採用されているオルニチンがキーポイントかと言うと、オルニチンはシトルリンへと変換されることになりますが、別の経路ではアルギニンからNOが産生された後、オルニチンを経ずにシトルリンに直接変換されます。そして、オルニチンやアルギニンから合成されたシトルリンは、そのほとんどがアルギニンにリサイクルされ、再び血管を拡張するNOを産生して勃起を完遂させるためです。

_____________

⇒ゼノシードの詳細・購入はこちら

 

ヴォルスタービヨンドブラストの配合成分

ヴォルスタービヨンドブラスト成分表記

それでは、いよいよ費用対効果ポイントで1位だった「ヴォルスタービヨンドブラスト」の原料品表記説明と、「どうしてトータルポイントで一気に順位を下げたのか?」の解説に入りましょう。

残念なことに、管理人がこの成分表記を一目見たとき思った最初の感想は

「せっかく旧商品は良かったのに、色々詰め込み過ぎてバージョンダウンになってないのか・・・?」

という事でした。

⇒「パッケージ成分表記の分析方法」解説記事

でも記しましたが、重大なポイントなので引用します。

いかにも効きそうな名前の成分をずらずらと100種類以上書き並べてみても、実際含有されている量がほんのわずかでは勃起力アップやペニスの増大は望めません。1日の摂取量に制限がある中で、適当な量を配合するには、成分の種類は多くても30~40種類程度がベストです。100種類、200種類と配合成分の多すぎるサプリメントは避けた方が良いでしょう。

 

ヴォルスタービヨンドの「旧商品」「新商品」個々の成分表記分析結果の印象は

 

・旧商品の特徴

限定された成分かつ「トンカットアリエキス末」などの高い価格帯の成分も含まれており、90粒という内容量ながら、120粒のベガリアと比べても、成分密度や効果期待値に関しても、多少劣るくらいの優良商品であった。

 

・新商品の特徴

・カプセル数や成分数を増加させた中で、はっきり言って入れなくても良かった不要な成分(普通の食事で十分摂れる)が沢山増えた一方で、欠かすことが出来ない有効成分量が減少

・シトルリン+アルギニン+山芋抽出物で構築されている

「シトルリン+アルギニン+山芋抽出物」以外の複合成分がどれだけ盛り込まれているか』が、最終期待値(優良商品)での評価基準であるが、亜鉛がオフィシャルサイトに1箱辺り360mgと記載があるので、1粒辺りは1/120で、3mgが確定です。

 

これはどういう意味かと言うと、亜鉛より下に掲載されている成分は3mg以下、1日辺りの4粒でも12mg以下しか配合されてないという事です。
 

特に勃起力アップやペニス増大には不可欠成分かつ原材料として非常に高価なトンカットアリエキス末は、旧商品の記載位置にくらべて相当下に追いやられていますから、たぶんほんの極微量しか入っていないと読み取れます。

・またトンカットアリと同程度に精力増強ペニス増大におけるキーポイント成分である、マカ、ムクナ、アカガウクルアなどは、18種類が1つになった動植物混合粉末の中の一つになってしまったのです。※しかもデキストリン(デンプンの様なモノ)が表記4番目

 

本当にごくごく微量でも100種類のうちの1つとして測定されてしまう事も、理解しておくことが必要です。
結局のところ、たとえ100種類以上の成分が盛り込まれていても、1日で必要十分量を体内に取り入れることは不可能という事です。

 

いまいち認知されていませんが、シトルリンの原材料価格は思ったほど高くありまん。その為、今回のヴォルスタービヨンドのバージョンアップは、一見1.5倍のバージョンアップに見られがちですが、内容を慎重にリサーチすると、

安価な成分で総量を増加させた引き換えに、高価な成分を削減し(内容量を薄めて)コスト削減~ の儲け重視路線に変更か?(バージョンダウン)」

 

ようにも感じてしまったのです。

表記の分析方法を知らない人には、表面的には旧商品より新商品の方が全然よく見える可能性もありますが、実際の所旧商品の方が「勃起力アップやペニス増大効果」は全然高いものだった可能性大なのです。

 

旧商品はいい出来だっただけに、ここまで大幅な内容変更の必要性は本当にあったのか? ・・・と言うか、ここまで根本を変更しまったら、「いまやヴォルスタービヨンドとは全く別の製品に変容してしまったのでは・・・?」

という懸念が拭えません。

 

ともかく、ヴォルスタービヨンドブラストの現時点での分析結果はこの様になったため、費用対効果ポイントでリードしながら、総合ポイントでベガリアはもちろん、ゼノシードにも抜かれ、3位に留まる結果となりました。

 

個人的な意見を述べるならば多少残念な想いもありますが、そうは言ってもさすがは旧商品で一度は王者になったヴォルスタービヨンド、他の類似商品と比較すると未だ優位性をキープしており、3位に無事ランクインという結果に決まった訳です。

※まだ発売からほどなくネットでの口コミも殆ど存在しない為、リアル人柱実験を行っても本当の意味での効果をここで公表できるのは3~6ヶ月先になります。

 

(旧商品程の期待は持てずとも)悪い商品ではありませんから、人柱になりたい人は今すぐ購入しても全然良いと思います。

 

⇒ヴォルスタービヨンドブラストの詳細・購入はこちら

 

ベガリアは本当に必要な成分を厳選

ベガリア成分凝縮イメージ

べガリアの配合成分数は、ビタミン類を含めても約40種類で、精力増強・増大サプリ系の中においてはさほど多くありません。

ヴォルスタービヨンドブラストのように100種類とか、それを上回る成分を含有したサプリと比べた場合、べガリアの配合成分数は少ないと感じ取る人もいるかと思います。

それについては、先ほど提示したように、配合成分数が豊富であれば良いといということにはなりません。

 

この部分、べガリアは不要な成分を一切省いて、男性自身の悩みに正真正銘外せない成分のみを厳選していると思います。

ベガリアの40種類は多すぎず、少なすぎず、最適な成分数というという訳です。

 

この様に、ベガリア

・1箱120粒入りの大容量
・有効成分をたっぷり配合
・多すぎず少なすぎず、外してはいけない40種類の成分を厳選

 

であり、コスパポイントでヴォルスタービヨンドブラストにわずかに負けながら、成分配合密度(効果期待値)ポイント圧勝、結果として総合ポイントでも圧勝の1位になったという訳です。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

ベガリアがおススメのもう1つの理由

べガリアの研究を重ねた「黄金比率」

べガリアには、シトルリンとアルギニンのほか、多数の希少成分が、独自の研究結果に基づく「黄金比率」で配合されています。

それゆえに、「さしあたり効果の期待できそうな成分を採用しました」という感じの精力剤より、圧倒的効率でペニスの海綿体細胞を活動的にし、海綿体細胞を増やして、スムーズにペニス増大・精力アップ効果が発揮される訳です。

余談ですが、べガリアの効果の秘訣である「黄金比率」は、べガリアが成分特許を取得するまで非公開らしいです。
ライバル会社が、どれほどべガリアと同様の成分を取り入れて、似通った精力剤を制作しようとしても、キーポイントとなる配合比率が明白ではないのなら、ベガリアほどの品質にはなれません。

「配合量が不明瞭だから効果が心もとない」という人もいると思われますが、購入者を誤魔化すために隠しているのではなく、こういった事情があると推察されます。

べガリアは「成分未調整」

べガリアは、元々アメリカ製のサプリメントですが、その成分比率を使った製造販売権を日本で唯一取得し、国内生産⇒商品化したのがベガリアです。

海外製のサプリの場合、我々日本人の体格を考慮して成分量を調整(減量)するものが殆どですが、ベガリアの場合、成分量を減らすことは行っていません。

これを「成分未調整」といいます。

大きめのアメリカ人にフィットするように作られたベガリアが、修正せずに日本人向けに販売されているのですから、わりと小柄な日本人にとって、成分は必要以上であるほど思う存分行き届くというわけですね。

べガリアは他社製品より効果が体感し易いという評価が多いのは、そういった事情も影響を及ぼしていると推察します。

むしろ、「効きすぎても心配・・・」という人もいると思われますが、それも何の問題もありません。
たとえ配合量が多いといいましても、1日用量の上限を上回るほどではありませんから、副作用のリスクも心配はないです。

(※1日推奨量の4粒を守らなかったケースではその限りではないです)

自信があるから透明カプセル&信頼の保存料無添加!

ベガリアカプセル中身

サプリメントには、色鮮やかなカプセルのものもたくさんあります。
中には、カプセルの色で隠して、中身を煙に巻く粗悪品も割と見られます。

しかしながら上記の写真を見て分かるとおり、ベガリアのカプセルは透明なので、(開かなくても)中身や配合成分の色を直接見れます。

ベガリアのカプセルの中身は白褐色ですが、これは主成分のシトルリンとアルギニンの白色と、天然成分の色が合わさったものです。

また、保存料として良く利用される安息香酸は、ビタミンCと作用すると身体に害となることも考えられます。

その点ですが、ベガリアの成分表記からは賞味期限を延ばすための食品添加物といった保存料の類は1つも見つけ出せません。

 

精力増強、ペニス増大において、余計なモノは全てカット、欠かせないモノは全身全霊で配合!こんな風な製作側の気合&覚悟を、客観分析していて感じる商品は、正直滅多に出会えません。(悲しい話ですが・・・)
 

そういった理由からも、思い悩んでいる方は、まずベガリアを買っておけば間違いは起きないでしょう。

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

まとめ

予想より長引いてしまいましたが、如何でしたか?

往々にして、トップ3商品の特徴、また3比較して考えた場合の、ベガリアの総合アドバンテージを感じ取って頂けたと思います。

最後になりましたが、これまで紹介した「ベガリアの特徴」をまとめてみましょう。

ベガリアの5大特徴

・有効成分がカプセルにギッシリ!
・多すぎず少なすぎない厳選の40成分
・1箱120粒入りの高コスパ!
・アメリカ人並みの成分が摂れる「成分未調整」
・研究に研究を重ねた「黄金比率」

相当量の製品のパッケージ分析を行って来ましたが、精力増強・ペニス増大サプリ選びで迷ったら、現時点におきましては「ベガリア」を選べば間違いはありません。

とはいえ、そんなベガリアにも「欠点」があります。
それは、「即効性がない」こと。

ベガリアは原則的に分類上「サプリメント(栄養補助食品)」扱いなので、「摂取すると直ちに効果が出てくる」という性質の商品だとは言えません。

ベガリアの悪い口コミを見ても、「効果が充分でなかった」という人の大半が、摂取して1ヶ月も経たずに結論づけてしまっています。

では、ベガリアの効果を感じ取ることができるまでの期間はというと・・・

・早い人:2週間~1ヶ月
・普通の人:3ヶ月
・遅い人:6ヶ月~

 

が目安です。

個人差があるものの、精力減退が著しい人、年齢を積み重ねてきた人ほど、効果が出てくるまでの期間も長くなります。

しかしながら、効果が一時的かつ副作用も激しいED治療薬とは異なり、一度精力を持ち直したらそのままの状態を維持できるのがベガリアの強みです

 

その事から、本格的に良くしたい場合は、最低2~3ヶ月は続けてみる事をおすすめ致します。

ベガリアで身体の改善を堪能しながら、実りあるセックスライフを送りましょう。

 

ベガリアカプセル

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

 

最後までお読み頂きありがとうございました。