関係団体の研修会のお知らせ

【2017.7.3掲載】
ソーシャルワーカーデイ2017いばらき のご案内
  日 時:平成29年7月23日(日)
  会 場:土浦市総合福祉会館4階
  参加費:無料 100名

  
  内 容:講演会
      対人援助における伴走型支援に必要なソーシャルワークを考える
      講師/朝山あつこ氏
          認定NPO法人キーパーソン21
          代表理事


詳しくは、こちらチラシをご覧ください
ソーシャルワーカーデイ2017いばらき ご案内



【2017.4.27掲載】
平成29年度思春期セミナー・薬物再乱用防止講演会
  日 時:平成29年5月17日(水)
     10時30分~15時00分(受付開始10時)
  会 場:東海村文化センター(東海村船場768-15)
  参加費:無料 定員:500名


詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
平成29年度思春期セミナー ご案内


【2017.3.13掲載】
全国膠原病友の会茨城県支部からのお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
講演会:最近の膠原病治療の動向 ご案内


【2017.2.17掲載】
地域リハビリテーション研修推進支援センターからのお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
患者さんとよりよい関係を築きために ご案内


【2017.2.10掲載】
難病のある方の就労支援研修会のお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
難病のある方の就労支援研修会についてご案内


【2017.1.17掲載】
メンタルヘルス研修会のお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
講演「アルコール依存症」についてご案内


【2017.1.8掲載】
薬物再乱用防止講演会のお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
茨城県精神保健福祉センターからのご案内


【2017.1.5掲載】
難病研修会及び意見交換会のお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
茨城県立中央病院からのご案内


【2017.1.5掲載】
地域包括ケアシステム研修会のお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
茨城県看護協会研修会のご案内


【2016.12.13掲載】
社団法人 茨城県精神科病院協会 公開講座開催
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
講座:大人になった発達障害 案内

【2016.10.24掲載】
交通事故賠償に関する無料セミナーのご案内
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
交通事故賠償に関する無料セミナー 案内

【2016.10.1掲載】
MSW首都圏支援集会のご案内

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください

MSW首都圏支援集会1 案内
MSW首都圏支援集会2 案内

【2016.10.1掲載】
第29回いばらき医療福祉研究集会のご案内


詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください

いばらき医療福祉研究集会 案内

【2016.10.1掲載】
難病就労支援セミナー2016のご案内

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください

難病就労支援セミナー2016 案内

【2016.10.1掲載】
難病フェスタ2016のご案内

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください

難病フェスタ2016 案内

【2016.7.1掲載】
ソーシャルワーカーデー2016inいばらきのお知らせ

 2009年より海の日をわが国における「ソーシャルワーカーデー」として、社会福祉の専門職である社会福祉士や精神保健福祉士などのソーシャルワーカーの社会的認知を高め国民のソーシャルワーカーに対する関心と理解を拡げることを目的とした様々な行事が全国各地で実施されています。
 本年も7月18日(月)にソーシャルワーカーデーを迎えるにあたり、茨城県内のソーシャルワーカー関係三団体では昨年に引き続き標記のイベントを開催する運びとなりました。
今年は、当事者の体験談を聞いて、「待つ」という援助の基本を改めて考えるきっかけになればと思います。
 詳細は下記の通りになります。是非ご参加頂き今後の支援に生かして頂ければと思います


テ ー マ:「ソーシャルワークの楽しさ・こわさ・醍醐味
                ~「待つ」援助の基本がここにある~」
形   式:講 演
講   師:茨城県立こころの医療センター副院長 中村 惠 先生 
                 茨城ダルク寮長 石橋 康 氏
日   時平成28年724日(日)13:30~16:20(受付13:00~)
場   所:総合病院 水戸協同病院 
       〒310-0015 茨城県水戸市宮町3-2-7
       TEL 029-231-2371(代表)
参加対象者:オープン参加
定   員:100名程度
費   用:自家用車でお越しの方は駐車料金が有料になります。
申込み方法:HPより、申込書をダウンロードのうえ担当者へFAX。


↓申請書はこちらから
ソーシャルワーカーデー2016inいばらき申込書


締 切 り平成28年715日(金)まで
担 当 者:一般社団法人 茨城県ソーシャルワーカー協会 事務局 佐藤 貴志
       〒310-0905 茨城県水戸市石川4-4040-32 
       TEL 029-224-4555 FAX 029-254-7780

【2016.6.28掲載】
第7回日本医療ソーシャルワーク学会長崎大会のご案内
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
日本医療ソーシャルワーク学会 案内


【2016.6.28掲載】
第29回いばらき医療福祉研究集会のご案内
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
いばらき医療福祉研究集会 案内


【2016.4.29掲載】
平成28年度アディクション関連問題検討会の開催について(第125回 北関東薬物関連問題研究会)

1)日時  平成28年5月28日(土)13時30分~16時00分
2)場所  茨城県精神保健福祉センター 3階セミナー室
       (茨城県水戸市笠原町993-2)
3)講演  「アルコール依存症治療における茨城方式」
講師:豊後荘病院 精神保健福祉士 小口克行 先生
4)その他 希望者多数の場合、調整させていただくことがございます。
5)締 切 平成28年5月19日(木)までにお申込みください。

〈連絡先〉           
茨城県精神保健福祉センター 相談援助課 冨山
 電 話 029-243-2870
 FAX 029-244-6555

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
アディクション関連問題検討会 案内


【2016.2.19掲載】
茨城県アディクション・フォーラムの開催について(案内)

 この度、依存症全般に関するフォーラムを開催することといたしました。
フォーラムでは、依存症自助グループによるメッセージと、依存症と家族の関係について学ぶ講演会を行います。

日 時  平成28年3月5日(土) 10:00~16:00
会 場  茨城県立健康プラザ 大会議室(水戸市笠原町993-2)  
参加費  無料
対象者  保健福祉関係者・医療関係者・更生保護関係者・矯正関係者
     依存症自助グループ・依存症回復施設・一般県民 等
テーマ  「家族って何?毒か?薬か?それとも?」
内 容  別紙のとおり

担 当  茨城県精神保健福祉センター
     相談援助課 冨山
     〒310-0852 水戸市笠原町993-2
     電話  029-243-2870
     FAX  029-244-6555

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
アディクション・フォーラム 案内


【2015.12.17掲載】
平成27年度アディクション関連問題検討会の開催について(案内)
(第123回 北関東薬物関連問題研究会)


日頃より当センターの業務運営にご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
本検討会は、主に行政・医療・司法・教育関係者を対象に、依存症関連問題の理解を深めるとともに、関係機関との連携を強めることを目的として毎年実施しています。
今回は下記のとおり、摂食障害に関する研修会を開催することになりました。
 
 1)日時  平成28年1月23日(土) 13時30分~16時00分
 2)場所  茨城県精神保健福祉センター 3階セミナー室
        (茨城県水戸市笠原町993-2)
 3)講演  「摂食障害への援助」
        講師:つくば木の花クリニック
           院長 山口 直美先生
 4)その他  会場の都合により、希望者多数の場合、調整をさせていただくことが
        ございます。

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
北関東薬物関連問題研究会 案内


【2015.9.8掲載】
アルコー関連問題研修会のお知らせ
日 時:平成27年10月 8日 (木)
   午後 1時00分 ~ 4時00分
   (受付(受付(受付:12時30分から)から)から)
会 場:茨城県県西生涯学習センター1F 多目的ホール多目的ホール
所在地:筑西市野殿1371番地筑西市野殿1371番地筑
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
アルコール関連問題研修会 案内


【2015.7.13掲載】
第28回いばらき医療福祉研究集会
第09回いばらき歯科医療フォーラム

■演題募集のお知らせ
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
いばらき医療福祉研究集会演題募集 案内

■開 催 要 項
◇ 日 時 :2015年10月25日(日)午前9時半 ~ 午後4時半
◇ 会 場 :つくば国際大学( 茨城県土浦市真鍋6-20-1 )
◇ 主 催 :一般社団法人 茨城県保険医協会
詳しくは、こちら↓の開催要項をご覧ください
いばらき医療福祉研究集会開催要項


【2015.7.13掲載】
ソーシャルワーカーデー2015いばらき

第 1 部 講演
 「だからソーシャルワーカーはおもしろい」
       竹之内章代氏(茨城県社会福祉士会会長)

第 2 部 リレートーク
 若手ソーシャルワーカーが仕事のやりがいと魅力を語ります
       施設相談員、行政職員、MSW、NPO職員

第 3 部 答えちゃいます 個別質問 Time
 様々な分野で働くソーシャルワーカーが個別に疑問にお答えします

日時:平成 27 年 7 月 19 日(日)13:30~16:00

場所:筑波大学付属病院水戸地域医療教育センター
   茨城県厚生連 総合病院 水戸協同病院 東棟 4 階講堂


詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
ソーシャルワーカーデー2015 案内


【2015.6.22掲載】

第30回県南医療福祉交流会

 日時:2015年6月27日(土)13:30~16:30
 場所:霞ヶ浦医療センター内 地域医療研修センター

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
第30回県南医療福祉交流会 案内
 

【2015.6.8掲載】
平成27年度 薬物問題研究会
     司法と医療でタッグをくもう!
       ~薬物依存症回復への地域支援~

 危険ドラッグなど薬物依存に関する話題を耳にすることが多いですが、薬物依存
症は回復する病気です。ただし、回復には依存症に適した治療と、生活する地域で
の支援が不可欠になります。
 平成28年度からは「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に
関する法律」が始まり、ますます地域社会での支え方が注目されます。そこで、茨城
ならではの回復の支え方について、国内外に知られる「紬の里」結城において、ぜひ
一緒に学びあいませんか? みなさまのご参加をお待ちしております。

 日時:平成27年7月17日(金)
              13時00分 ~ 16時00分
 会場:結城市民文化センターアクロス
       (結城市中央町2丁目2)


詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
薬物問題研究会 研修案内


【2015.05.29掲載】
アディクション関連問題研修会の開催について

日 時 :平成27年7月3日(金) 13:30~16:00
会 場 :茨城県精神保健福祉センター 2階セミナー室(水戸市笠原町993-2)
参集者 :保健所職員・市町村障害福祉担当者・保健センター職員
    県内医療機関ソーシャルワーカー 等
講演等: 13:30~14:30 講演「おれは病気じゃない!」への接し方
           県立こころの医療センター副院長 妹尾 栄一先生
     14:40~16:00 講演「自助グループにはこうつなげろ!」
            参加予定自助グループ
            茨城ダルク/NA/ナラノン/AA/断酒会
            アラノン/GA/ギャマノン

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
アディクション関連問題 研修案内

公文書はこちらから


【2015.05.29掲載】
全国地域リハビリテーション合同研修大会
茨城2015 in


詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
全国地域リハ合同研修 案内


【2015.05.29掲載】
「がん治療と暮らしサポーター」研修
    ***第 2 期 集中講座***

【Aカリキュラム】2015 年 5 月 30 日(土)、5 月 31 日(日)
【Bカリキュラム】2015 年 8 月 1 日(土)、8 月 2 日(日)
         
会 場 :昭和大学江東豊洲病院 講堂(東京都江東区豊洲)
受講料 :Aカリキュラム 受講料 18000 円(税込)
     Bカリキュラム 受講料 18000 円(税込)
定 員 :100 名(先着順で定数に達した時点で締切)
     A・B カリキュラム各々に、修了証を授与します。

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
がん治療と暮らしのサポーター 研修案内


【2015.03.20掲載】
日本医療社会福祉学会セミナーのご案内

 たくさんある情報の中から的確に情報を引き出し読み解くための方法を学ぶ研修で、実際にPCを40台用意し、その場で実際に学ぶことができる研修です。相談室から一人でも参加しておくと、とても役に立つ研修です(研修担当者さんからのコメント)。

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
日本医療社会福祉学会セミナー案内


【2015.02.28掲載】
茨城県作業療法士会主催第6回生活行為向上マネジメント研修会のご案内

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
茨城県作業療法士会 研修案内


【2015.02.28掲載】
茨城県南地区SW勉強会へのお誘い

 平成26年度最後(第5回目)の勉強会のご案内をお送りいたします。
今回は、社会保険労務士の先生をお呼びし、お仕事の内容や役割をお話いただくと
ともに、患者さんご家族への支援に向けてより効果的なソーシャルワーカーとの連携について考える機会を得たいと思っております。
詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
茨城県南地区SW勉強会 ご案内
茨城県南地区SW勉強会 ポスター



【2015.02.02掲載】
医療ソーシャルワーカー向け講演会
交通事故による高次脳機能障害患者の具体的な救済援助と法律上の手続き


開催日時:平成27年2月21日(土) 14:30~17:00
場  所:東京シティエアターミナル1階会議室

詳しくは、こちら↓のちらしをご覧ください
一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク講演会ちらし


【2014.10.27掲載】

アルコール関連問題研修会の開催について

1 日 時   平成26年11月13日(木) 午後1時30分から4時30分まで                                 
2 場 所  茨城県県西生涯学習センター  2F 中講座室 
3 内 容  (1)講演会 アルコール依存症からの回復
         「病院・治療者の立場から」
           豊後荘病院 アルコール専門外来 精神科医  石川慧璃 氏
         「当事者から」
           AA(アルコホリック アノニマス)メンバー
         「相談・支援機関の立場から」
           茨城県精神保健福祉センター 臨床心理士  小原昌之 氏
       (2)意見交換 
4 対 象  医療機関・支援者,当事者・家族,一般市民,関係機関等  80名  
5 その他  駐車場は,生涯学習センター東側の臨時駐車場をご利用下さい。

       問合せ先 茨城県筑西保健所 
       保健指導課 精神担当 小森
       TEL  0296-24-3965
       FAX  0296-24-3928
       Eメール h-komori@pref.ibaraki.lg.jp

↓ちらし、、こちらをご覧ください。
アルコール関連問題研修会_ちらし
↓申す込み書は、こちらをご覧ください。
アルコール関連問題研修会の通知


【2014.06.16】
がん診療連携拠点病院機能強化事業 がん医療従事者研修
『がん医療におけるピアサポート』開催のお知らせ


今回、兵庫医科大学の大松重宏先生をお迎えして、ピアサポートの基本的な考え方や実際の活動についてお話いただきます。大松重宏先生は、兵庫医科大学で教鞭をとる傍ら、専門であるセルフヘルプやピアサポート研究の成果を全国各地で広めるといった活動もされていらっしゃる第一人者の方です。
がん医療に携わるソーシャルワーカーはもちろんのこと、がん医療と関わる機会の少ないソーシャルワーカーにとっても、相談支援のスキルアップを図ることができる研修と思っております。ご興味・ご関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

日 時:平成26年718日(金) 18時半~20時
場 所:筑波メディカルセンター病院 メディカルスクエア(旧西館)3階 
参加費:無料
対 象:がん医療に携わる医療従事者
内 容:『がん医療におけるピアサポート』
講 師:兵庫医科大学 社会福祉学 准教授 大松 重宏 先生 

申込方法:氏名・連絡先・所属(病院名等)・職種をご記入の上、FAXにてお申込ください。


↓ちらし、申す込み書は、こちらをご覧ください。↓
がん医療従事者研修のちらし・申込書

【FAX】:029-858-2773


定員は、会場の都合上先着100名程度とさせていただきます。
申込締切:7月17日(木)

(担当)
筑波メディカルセンター病院 
医療情報管理課  佐藤
〒305-8558 つくば市天久保1-3-1
Tel:029-851-3511/Fax:029-858-2773


【2014.04.25】
第29回県南医療福祉交流会のお知らせ

↓詳しくは、こちらをご覧ください。↓
第29回県南医療福祉交流会」のチラシ


【2014.03.03掲載】
群馬県医療ソーシャルワーカー協会からのお知らせ

↓詳しくは、こちらをご覧ください。↓
セミナー「医療と介護の連携について考える」のチラシ



【2014.03.03掲載】
公益社団法人茨城県理学療法士会からのお知らせ

↓詳しくは、こちらをご覧ください。↓
他介護予防フェスティバルin北茨城2014チラシ


【2014.1.31掲載】
看護協会からのお知らせ
平成25年度 水戸市在宅医療・介護推進のための多職種研修会 要項

1.目的
  地域における在宅医療・介護を推進するため、また在宅医療・介護における多職種
 連携を推進するため、同じ地域で活動する多職種が一堂に会し、在宅医療・介護の動
 向について学ぶ機会を提供する。また、地域の現状や課題を共有するとともに、多職
 種のネットワークを構築する機会を提供する。

2.開催日  平成26年2月11日(火・祝)
3.開催場所 茨城県保健衛生会館(茨城県看護協会) 
       〒310-0034 水戸市緑町3-5-35
4.対象者  水戸市近隣の行政・医療機関・介護施設等に勤務する医療・介護関係者
5.定員   80名
6.参加費  無料
7.内容   別添プログラムのとおり
8.その他
       修了者には、修了証を交付する
9.主催等
   主催:茨城県看護協会
   共催:茨城県水戸保健所・水戸市医師会
   後援:水戸市、水戸市在宅医療・介護推進協議会委員団体
      茨城県介護福祉士会、茨城県介護老人保健施設協会、
      茨城県訪問看護ステーション連絡協議会、
      茨城県リハ3士会連絡協議会(茨城県理学療法士会、
      茨城県作業療法士会、茨城県言語聴覚士会)
      NPO法人 ひと・まちねっとわーく、みとケアマネジャー研究会、
      水戸市グループホーム協議会、水戸市歯科医師会、
      水戸市社会福祉協議会、水戸市民生委員児童委員連合協議会、
      水戸薬剤師会、水戸市老人福祉施設連絡会 (50音順)


平成25年度 水戸市在宅医療・介護推進のための多職種研修会 プログラム

時間 内容 講師
 9:30 挨拶 茨城県水戸保健所、水戸市医師会
 9:40
    30分 「在宅医療・介護の今後の展望と課題」
    〇研修の目的
    〇在宅医療・介護の推進の背景
    〇地域包括ケアシステムの構築に向けて
    〇茨城県の現状と課題 茨城県厚生総務課 係長 海老根 正典
 10:10
    40分 「在宅医療・介護における多職種協働の重要性」
    〇多職種協働の現状・課題
    〇在宅ケアの多面性と有効性
    〇多職種チームと訪問看護の重要性 医療法人博仁会志村大宮病院 副院長
     茨城北西総合リハビリテーションセンター長 大仲 功一
    (都道府県リーダー研修修了者)
 10:50 休憩
 11:00
    30分 「かかりつけ医と在宅医療の推進」
    〇かかりつけ医と在宅医療の推進
    〇訪問診療の実際と同行研修の意義 茨城県医師会 常任理事
     医療法人青藍会大場内科クリニック 理事長 大塲 正二
    (都道府県リーダー研修修了者)
 11:30
    40分 「高齢者のニーズに応える在宅医療」
    〇生活を支える在宅医療の実際
    〇「エンド オブ ライフケア」の視点を有する
     在宅医療の重要性 医療法人社団いばらき会いばらき診療所みと
     院長 丸山 善治郎(都道府県リーダー研修修了者)
 12:10 昼食・休憩
 13:00
    10分 「グループワークの効果と手法」 水戸市医師会 理事
       田口同仁クリニック 院長 田口 雅一(地域リーダー研修修了者)
 13:10
    70分 【グループワーク】
    「地域における課題の抽出」
 14:20
 10分 休憩
 14:30
    20分 「多職種ケアカンファレンス」
       茨城県看護協会複合型サービス事業所絆・訪問看護ステーション絆
       管理者 大沼 久史(地域リーダー研修修了者)
 14:50
    50分 【グループワーク】
    「多職種ケアカンファレンス」
 15:40 修了証授与
 15:50 閉会

↓詳しくは、こちらをご覧ください。↓
他職種研修会のチラシ



【2014.1.31掲載】
チーム医療推進協議会からのお知らせ

↓詳しくは、こちらをご覧ください。↓
チーム医療による災害支援のチラシ


【2013.7.10掲載】
第23回日本医療社会福祉学会大会のお知らせ

9/7(土) 12:00 受付・開場
◆基調講演『喪をめぐる社会・文化のレジリアンス~古代と現代の比較~』
 講師加藤敏自治医科大学精神医学教室教授
 座長岡本民夫同志社大学名誉教授

◆シンポジウム『人は何を支えに生き抜くのか』
 司会相原和子国際医療福祉大学教授
 シンポジスト横山三佳佐々木病院ソーシャルワーカー
 井本里士毎日放送報道局ニュースセンター『VOICE』編集長
 白澤正和桜美林大学院教授

◆情報交換会

9/8(日) 9:00 受付・開場
◆研究発表

◆総会

◆事例部会
 座長田中千枝子日本福祉大学教授
 事例提供者調整中

↓詳しくは、こちらをご覧ください。↓
第23回日本医療社会福祉学会大会のチラシ


【2013.3.12掲載】

平成25年度 医療ソーシャルワーカーリーダーシップ研修のご案内

国立保健医療科学院から「平成25年度医療ソーシャルワーカーリーダーシップ研修の実施について」茨城県を通じ通知がありました。

申し込み期限
1回目研修 平成25年3月19日(火)
2回目研修 平成25年7月31日(水)

申込書提出先
〒310-8555
水戸市笠原町978-6
茨城県保健福祉部厚生総務課 担当:永井
電話029-301-3124 FAX029-301-3139

↓申し込み書類など、詳しくは、こちらをご覧ください。↓
国立保健医療科学院研修案内


【2013.3.12掲載】

茨城県総合リハビリテーションケア学会
 
 学術研修会案内
 -機能補助と人工臓器の現状ー


今年度の学術集会は、「機能補助と人工臓器の現状」をテーマに、2名の先生方に、専門的立場からの講演をしていただき、その後総合討論を開催いたします。

場所:つくば国際大学第2キャンパス B103教室
日時:平成25年3月16日(土)13時~16時(予定)
申し込み方法:当日12時から受け付けを行います(事前申し込みは不要です)
参加費:茨城県総合リハビリテーションケア学会会員 無料
    非会員                  2000円
    学生                   無料

13:00~14:00
「ロボットスーツHALの臨床応用」
 講師 茨城県立医療大学保健医療額部理学療法学科
                  水上 昌文 先生
14:00~15:00
「再生医療ー実用化への道ー」
 講師 筑波大学医学医療系
                  柳 健一 先生
15:10~16:00
 総合討論
司会 筑波大学医学医療系
                  江口 清 先生


お問い合わせ先
茨城県総合リハビリテーションケア学会 事務局
つくば国際大学 理学療法学科 宮崎 秦
               小林聖美
               遠藤朋子
〒300-0051 茨城県土浦市真鍋6-8-33
電話029-826-6622 Fax029-826-6776
e-mail care@tius-hs.jp


【2013.3.8掲載】

平成24年度茨城県緩和ケアカンファレンス開催要項

1開催主旨
 在宅緩和ケアの推進に必要な人材育成の一環として,がん診療連携拠点病院等に設置されている相談支援センターの業務を把握すること,調剤薬局(麻薬小売業者)における医療用麻薬の施用症例(在宅における医療用麻薬等医薬品の管理に係る指導状況)を把握することにより,相談支援センター及び調剤薬局が在宅緩和ケアに関与していることを様々な職種の医療従事者が認知することを目的とする。

2主催等
 主   催 :茨城県,社団法人茨城県薬剤師会,茨城県病院薬剤師会
 後援(予定):社団法人茨城県医師会,公益社団法人茨城県看護協会,
        特定非営利活動法人茨城県ケアマネージャー協会,
        茨城県ソーシャルワーカー協会

3開催日時
(1)土浦会場:平成25年3月18日(月)(午後7時から8時30分まで)
(2)水戸会場:平成25年3月29日(金)(午後7時から8時30分まで)

4開催場所
(1)土浦会場:牛久市中央生涯学習センター中講座室(牛久市柏田町1606-1)
(2)水戸会場:県庁9F講堂(水戸市笠原町978-6)

5対 象
 医師,薬剤師,看護師,ケアマネージャ,介護士,MSW等

6内 容
(1)がん相談支援センター職員の講演:業務紹介または症例発表
  (在宅緩和ケアに係ることも含む,30分間)
(2)薬局薬剤師の講演:症例発表
  (調剤薬局(麻薬小売業者)における医療用麻薬の施用症例,30分間)
(3)パネルディスカッション(30分間)

7講師等
(1)座長:医師(コーディネーター)
  ①土浦会場:大和クリニック 院長 浜野 淳 先生
  ②水戸会場:独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 
がん医療研究室長(緩和ケアチームリーダー) 稲毛 芳永 先生
(2)講師:
①土浦会場
 ・茨城県立中央病院 相談支援センター・継続看護支援室 田村 麻里子 先生
 ・協和調剤薬局 小濵 伸太 先生
②水戸会場
 ・独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 医療相談室 MSW 菊池 愛子 先生
 ・あけぼの薬局つくば手代木店 坂本 岳志 先生

詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。
茨城県緩和ケアカンファレンス


【2013.3.6掲載】

第56回北海道医療ソーシャルワーク学会の開催について

大会テーマ 「明日の医療福祉を拓く MSWの社会貢献」
日   程 2013年4月20日(土)教育講演・演題発表・自主企画・定期総会
      2013年4月21日(日)基調講演・演題発表
会   場 ホテルさっぽろ芸文館(旧北海道厚生年金会館)
      〒060-0011札幌市中央区北1条西12丁目
主   催 北海道医療ソーシャルワーカー協会
主 催 主 管 北海道医療ソーシャルワーカー協会中央C本部

問い合わせ先
 第56回北海道医療ソーシャルワーク学会 事務局
  〒065-8611札幌市東区北12条東3丁目1-1
  社会医療法人母恋点支病院 医療社会事業課
    医療ソーシャルワーカー 桝野 裕也
  電話(011)711-0101 / FAX(011)711-1049
  e-mail:socialworker@tenshi.or.jp

詳しくは、学会のブログをご覧ください。
http://mswsapporo.exblog.jp/




【2013.2.5掲載】

茨城県保健福祉部保健予防課からの研修案内

平成24年度難病研修会実施要領

1 目 的
 医療機関の医療従事者及びケアマネージャーや訪問看護師等の神経難病についての理解を促進するとともに,在宅重症難病患者一時入院事業をきっかけとして行われている在宅から病院への継続したケアの提供体制について広く周知し,県内でこのような取り組みを促進する一助とする。
2 内 容 
 午前の部
  「神経難病の理解と在宅から病院への継続したケアの視点」
 (1)講演  「神経難病の理解と支援の要点について」        40分
 県立中央病院 内科部長 小國 英一氏 
 (2)説明  「在宅重症難病患者一時入院事業について」       10分  
 茨城県保健福祉部保健予防課 
 (3)講演  「在宅と病院の継続したケアについて」         
         ①訪問看護ステーションみと 看護師 瀧田 春枝氏   20分
         ②県立中央病院 副総看護師長 橋本 泉氏       20分
 (4)質疑応答・まとめ                       20分
 午後の部
 (1)説明  「県の難病対策について」               40分
         茨城県保健福祉部保健予防課
 (2)講演  「人工呼吸器の取り扱いについて」           60分
         フィリップス・レスピロニクス合同会社
3 日 時  
 平成25年3月2日(土)  10時~15時10分

4 場 所  
 茨城県立健康プラザ 3階 大会議室(水戸市笠原町993-2)

5 対象者
 看護職,ケアマネージャー,社会福祉士等

6 受講料 
 無料

7 その他
 本研修会は,茨城県看護協会主催の平成24年度訪問看護師養成講習会フォローアップ研修会と共催である。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
研修会のちらし
研修会参加申し込み用紙


【2013.1.22掲載】
■茨城県地域リハビリテーション支援センターからのご案内
茨城県地域リハビリテーション支援センターでは、平成20年から「茨城県地域リハビリテーションアドバイザー養成事業」を実施しています。
これは、実務経験が5年以上の方を対象に地域リハビリテーションに関する様々な分野の知識を指定講習会で学び、それぞれの地域でリーダーとして活躍し、地域リハビリテーションの普及・充実を図ることを目的にしています。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
地域リハビリテーションアドバイザー養成事業のご案内


【2013.1.22掲載】
茨城県保健福祉部障害福祉課・茨城県精神保健協会からのご案内
茨城県と茨城県精神保健協会では、現代社会の大きな課題となっている「自殺」を予防するために、県民を対象に、自殺予防研究の第一人者である「筑波大学 高橋祥友教授」の講演や自殺予防に取り組む団体とともに、「いのちを支える絆づくり」について考えていきます。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
茨城県自殺予防対策シンポジウムのご案内


【2013.1.22掲載】
茨城県立医療大学 地域貢献研究シンポジウムのご案内
同院にて、シンポジウム企画のご案内をいただきました。
小児の高次脳機能障害ー医療・教育における問題点について、この分野の第一人者である神奈川リハビリテーション病院小児科の栗原まな先生をお招きします。

日時:2月17日(日)13時から
場所:茨城県立医療大学 大講義室
テーマ:「小児の高次脳機能障害ー医療・教育における問題点」

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
小児の高次脳機能障害シンポジウムのご案内


【2013.1.11掲載】
訪問リハビリ実務者研修のお知らせ

訪問リハビリ実務者研修は、PT・OT・STの県士会、茨城訪問リハを考える会が主催となって、訪問リハの充実・普及を目的に継続的に研修会を行っています。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
訪問リハ研修会インフォ2012
平成24年度茨城県訪問リハビリテーション実務者研修会
FAX専用参加申込用紙


【2012.11.21掲載】
社団法人茨城県理学療法士会からのお知らせ

平成24年度第1回市民公開講座を開催
[後援テーマ]
「骨粗鬆症について」
~骨を丈夫にして、楽しい運動、健康維持を目指して~
 

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
平成24年度第1回市民講座ご案内


【2012.11.13掲載】
茨城県地域リハビリテーション研修推進支援センターからのご案内

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
第18回心のネットワークセミナーご案内
※申し込み期限が切れていますが、まだ参加申し込みを受け付けております。


【2012.11.05掲載】
茨城県介護・リハビリテーション施設研修会

昨年からのシリーズ第2弾!現場で不可欠な知識とその対応をわかりやすくご講演いただきます。「施設の質」「職員の質」向上に役立てていただきますよう、皆様奮ってご参加下さい。

日 時:平成24年11月24日(土)13:30-16:40

場 所:つくば国際会議場 中ホール200
    〒305-0032茨城県つくば市竹園2-20-31
    TEL:029-861-0001 FAX:029-861-1209
   ※周辺の有料駐車場をご利用下さい 。駐車料金は自己負担となります。
 
講 師:美濃 良夫 先生(阪和住吉総合病院副院長、日本褥瘡学会評議員)

対 象:介護福祉士を含む介護およびリハビリテーションに携わる全ての方

参加費:無料(資料の準備の関係上、事前申し込みにご協力願います)

申込方法:申込用紙に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込み下さい

懇親会:参加費2,000円(予定:当日徴収致します) 場所:CASAつくばエポカル店

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
茨城県介護・リハビリテーション施設研修会


【2012.10.19掲載】
がん医療に携わる医療従事者のための研修会

がん対策基本計画の重点項目でもあるがん患者の就労支援では、医療現場の相談部門におけるMSWの活躍が期待されています。
今回厚労省研究班「働くがん患者と家族に向けた包括的就業支援システムの構築に関する研究(高橋都研究班)」のMSW部会長でいらっしゃる堀越由起子先生をおむかえして、がん患者の就労支援の最新の動向とMSWの役割についてお話いただきます。
全国的にもホットな話題です。皆様ぜひ、ご参加ください。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
がん医療に携わる医療従事者のための研修会


【2012.10.18掲載】
茨城県難病相談・支援センターからのお知らせ

「神経難病患者の療養生活支援に関する研修会」
・・・・ヘルパーとしての関わり・・・・


日時:平成24年12月15日(土)
場所:筑波大学医学群 臨床講義室A
   茨城県つくば市天王台1-1-1
対象:茨城県内の在宅支援に従事するヘルパー等
   ヘルパーに限らず、ケアマネージャーやソーシャルワーカーなど
   多く方にご参加いただける内容です。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
「神経難病患者の療養生活支援に関する研修会


【2012.10.15掲載】

茨城県県北西部
 地域リハビリテーション連絡協議会からのお知らせ


地域リハビリテーション連絡協議会より、第17回茨城県北西部地域リハビリテーション研究会のお知らせをいただきましたのでお知らせいたします。

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
第17回茨城県北西部地域リハビリテーション研究会


【2012.10.12掲載】
平成24年度
 茨城県介護・リハビリテーション施設研修会のご案内


↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

茨城県介護・リハビリテーション施設研修会のご案内


【2012.09.20掲載】
難病フェスタ2012のご案内

↓詳しくは、こちらからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
難病フェスタ2012ご案内


【2012.07.27掲載】
平成24年度 第1回医療従事者研修会
『筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者の療養生活支援』
 に関する研修会の案内


 この度、茨城県難病相談・支援センターでは、「筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者の両用生活支援」に関する研修会を開催することになりました。
 この疾患は、進行性の運動・会話・嚥下・呼吸障害を呈し、長期にわたり医療と多くの在宅サービスの支援する必要としています。そこで、今回は、茨城県内の神経難病患者を支援するケアマネジャー、訪問看護師、理学療法士、ソーシャルワーカー、保健師、市町村障害福祉課担当者の方々を対象に、疾患の理解と療養支援上の留意点を学び、在宅サービスの向上と連携を目指す研修会を企画いたしました。

↓詳しくは、こちらをダウンロードしてください。
平成24年度第1回医療従事者研修会の案内


【2012.06.28掲載】
災害ソーシャルワーク研修II開催案内

【開 催 日】2012年8月4日(土) 10時~17時
【会  場】聖路加国際病院 本館2階トイスラホール(東京都中央区明石町9-1)
【募集人数】100名
【参 加 費】無料
【申込受付】2012年6月25日(月)~7月27日(金)(先着順で定員になり次第締め切ります)

主催 (公社)日本医療社会福祉協会災害対策本部 日本生命財団助成金事業

【プログラム】(予定)
10:00~17:00 受付開始
・日本医療社会福祉協会の活動状況報告

・講義1「災害直後における自衛隊救援活動の実際」
防衛省東部方面総監部人事部人事課 小松 里美 氏

・講義2「東京電力福島第一原子力事故に伴う住民の健康管理」
内閣府原子力被災者支援チーム医療班 班長 福島 靖正 氏

・講義3「災害直後におけるDMAT活動の概要と医療福祉との連携 」
厚生労働省医政局災害医療対策室 DMAT事務局 局長 小井土 雄一 氏

・災害時の事例から学ぶワークショップ

申込は日本協会ホームページに詳細情報と申込フォームが掲載されています。
      http://www.jaswhs.or.jp


【2012.06.28掲載】
2012年度医療ソーシャルワーカー基幹研修Ⅱ
【北海道会場】開催案内

 
 実務経験3年以上8年前後の保健医療分野のソーシャルワーカーを対象とした企画です。必要な知識・技術などを身につけるために講義とワークショップを中心とし、実践力を高める研修を目的にしています。本年度第1回は10月、爽やかな秋の北海道で開催します。

【プログラム】  
事前課題有・各セッション受講後レポート課題提出
1.医療ソーシャルワークの価値と倫理Ⅱ    
2.医療ソーシャルワーク業務改善・開発とマネジメント
3.医療ソーシャルワーカーの連携Ⅱ ネットワーキング     
4.医療ソーシャルワークのアドボカシー
5.医療ソーシャルワークアセスメントⅡ          
6.ソーシャルワークリサーチ
7.スーパービジョン
【開 催 日】2012年10月5日(金)~10月7日(日)
【会  場】札幌国際ビル国際ホール(北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地)
【受講資格】保健医療分野のソーシャルワーカーの実務経験3年以上の現任者。 
【募集人数】70名
【受 講 費】日本医療社会福祉協会正会員・賛助会員(個人) 25,000円
       賛助会員(団体)・非会員 45,000円
【申込期間】2012年6月18日(月)~7月27日(金)(先着順で定員になり次第締め切ります)

【申込方法】公益社団法人 日本医療社会福祉協会 ホームページよりお申込ください。      http://www.jaswhs.or.jp



2012年度 研修講師のためのセミナー開催案内

 組織内、或いは都道府県県協会等で講師を担うソーシャルワーカーが、臨床実践から「伝えたい内容」を、「伝える技術」を学ぶことを目的に、2009年より研修講師のためのセミナーを実施しております。初回は、長野大会終了後、岩名礼介氏を講師に迎え、「研修講師の引き受け方」というテーマで、会場やテーマなど効果的な運営のポイントや、目的に沿ったプレゼンテーションの種類、スライド作成時の留意点などを学びました。昨年は、「教授法」をテーマに、高等教育での課題である、コミュニケーション上の留意を中心に、大島武先生にご講義いただきました。流石、教える専門家!目からうろこの研修です。

【開 催 日】2012年9月29日(土)
【会  場】KFC Rooms(東京都墨田区横網1丁目6番1号)
【対 象 者】講師を担うソーシャルワーク実践者・または教育的な立場にある方。
【講  師】大島 武 氏(東京工芸大学芸術学部基礎教育 教授)

【プログラム】(予定)
1.プレゼンテーションの理論【講義】    
2.プレゼンテーションの実践【演習】
3.演習型授業の進め方           
4.ファシリテーターの役割【ミニ講義】
5.演習型授業体験/全体のまとめ【演習・講義】
【募集人数】50名
【受 講 費】日本医療社会福祉協会正会員・賛助会員(個人)5,000円 
      賛助会員(団体)・非会員 10,000円
【申込受付】2012年6月11日(月)~7月20日(金)(先着順で定員になり次第締め切ります)

【申込方法】公益社団法人 日本医療社会福祉協会 ホームページよりお申込ください。http://www.jaswhs.or.jp


【2012.06.07掲載】

第25回いばらき医療福祉研究集会
 第6回いばらき歯科医療フォーラム
 演題募集のお知らせ


茨城県保険医協会の主催で毎年開催されております秋の研究集会ですが、今年度は10月28日に開催することとなりました。
集会には、医療・福祉・介護関係者、学生、地域住民の方々を含め、全体で例年600~700名の参加があります。

今回のメインテーマを「多職種連携のチカラ~プライマリケアを考える~」とし、多(他)職種参加型研修会などの企画が用意されています。

例年、医療福祉関係者による一般演題の発表も予定されています。ソーシャルワーカーからの演題を奮って応募ください。

↓演題募集要項はこちらからダウンロードしてください。
第25回いばらき医療福祉研修集会演題募集要項

お問い合わせ先

【事務局】
〒308-0847 
茨城県筑西市玉戸1658番地
筑西市民病院 医事企画課
(地域医療連携室)

事務局長 飯島 望

TEL 0296-28-2261  
FAX 0296-28-4471

Eメール
jimukyoku@ibaraki-sw.jp

      



■当協会のポスター